セミナー

朝食会スケジュール

日付 タイトル 演者
6月7日(木) 「人手不足対策セミナー」~シニア人材の活用による経営戦略について~ (株)加藤製作所 代表取締役 加藤 景司 氏
7月5日(木) 「経営者向けSNSセミナーFacebookマーケティングと広告の活用方法」 PLUS@IT代表 ウェブ解析士 斉田 裕介 氏
8月2日(木) 県政報告「今後の東美濃の行方」 岐阜県議会議員 髙木 貴行 氏
9月6日(木) 「数字で見る不動産」 不動産鑑定士 山村 寛 氏

セミナーアンケート

アンケートの結果

4月5日テーマ:「超人材不足の、新しい求人のやり方」
講師:社会保険労務士 久野 勝也氏

今回のセミナーで学んだことは何ですか?

●補充採用では会社は成長しない。

●社員の不満など話をしっかり聞く事が大切。

●今後人の採用が更に難しくなる。

●社員との個人面談(人前で叱る、個別にほめる)。

●チャンスがあれば採用する。

●お客様から感謝される立場をもたせる。

●行動素直。

●人材、人在しか採用できない。教育で「歩」を「金」に変える。

●先に人を採用する。一人採用したら500万円借入枠を確保する。

●人前で叱る。

●教育の重要性。

●人前で叱る、個別にほめる。

●人財はいない、育てる。

●人が先、売上は後。

●聞くだけでも大切。

●成長を自覚させる。

●補充採用はNG。先にとっていくことが大切。

●人を採用して赤字は仕方がない。資金ショートには気を付ける。

●中小企業では人財はとれない。

●良い人材を採用してダメな人材をやめさせる→会社が良くなる。

●理念・方針をすり込む。

●社員に目標を達成させてあげる。

●私自身の教育。

●時代と社員。

●成長する為には仕事が無くても人を採用する。

●人員に余力があることの大切、採用は投資。

●何より社員教育が大切。

●社員の声にしっかり声を傾ける。

●社員の問題は聞けば8割が解決。

●人罪は常に否定する人。

●方向を伝えなくては社員が自ら動かない。

●成長しない会社はうまくいかないようにできている。

●採用は資金。

●採用のための資金確保。

●歩をとに変える。

●部下への誉め方、叱り方。

●成長したければ人は先にとる。

●人財はいない、人財と人罪はとなり合わせ。

●社員は話を聞いてもらえるだけで、だいぶ満足する。

●叱り方。ほめ方。

●社員との向き合い方。

●社員採用の時期。

●社員教育の重要性。

●早めの採用をする。叱るのは口、ほめるのは文書/叱るのは愛、叱る人を選ぶ←じゃないと訴えらえる!

●曽根先生でも悩んでいた時期があった。

●話を聞くこと。

●社員の話を聞くことの重要性。

●人間力を磨くこと。

●採用と資金の関係を理解する。

●採用基準:「素直+明るい」は本当にそうだと思います。

●社員面談の回数を増やす。

●社員の経済的幸せ。平均+10%。

●人材を人財に育てる。

●採用は採用計画に基づいて行う。

●常に会社の方向性を示す。

●先行採用。

●社員教育。

●個人面談で承認すること。

●人を入れるタイミング。

●出る人、来る人のレベルを見る。

●伸びる会社、今後この地域の企業と人件費について。

●不満は聞けば8割解決。

●採用のリスク。損益ではく資金。

●褒め方、叱り方。

●自分の納得したことだけやっていると能力があがらない。

●売上より人を採用することが先決であること。

●自ら考え自ら行動する社員にすることが大事であること。

セミナーで得た事を今後どのようにビジネスに活かしていこうと思いますか?

●社員教育→会社の成長。

●面談の定例化。

●人を採用できるよう計画を作る。

●経営者へのアドバイスに活用したい。

●メール、文章、チャットで人をしからない。

●「口で叱って文章でほめる」やっぱりメール、ありがとうカード。

●学んだことを実践していきます。

●自分が先に変わる。

●社員教育。

●社員採用の参考とさせていただきます。

●やめた時でも動じない体制をつくる。

●まず人材を確保し成長する。

●社員のキャリアルート。

●採用自社サイトの公開。

●採用計画で教えていきたい。